「現状での耐震性」をきちんと見極めるようにしましょう。

◯◯年以前の物件は危険!?

中古住宅について、
築何年前以上の建築物件が危険なんだろう?
と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

 

年代別で見た耐震安全性」でも触れましたが、建築基準法における「新耐震基準」が施行されたのは、昭和56年の6月1日からで、同日以降建築確認を受けた建物について、この基準が適用されています。

 

大きな改正のあった平成12年を目安とする考えもありますが、ひとまずこの「新耐震基準」ができた時点が、建築基準法により求められていた耐震最低基準だとすれば、「この基準により建築されていない建物」が危険だということが一つの目安となるでしょう。

 

もっとも、ここで重要なのは、「新耐震基準は、昭和56年6月1日以降建築確認を受けた」建物に適用されているのであって、同日以降に完成した建物」ではないということです。

 

つまり、そのような建物は、建築確認自体は、昭和56年6月1日以前に受けているため、旧耐震基準に基づいて建築されている可能性があります。

 

また、「新耐震基準」に基づき建築された建築物であれば全てが安全という訳ではなく、管理の仕方がずさんであれば、購入時点では十分な耐震性を有していない可能性もあります。

 

 

他方で、昭和56年6月1日より以前に建築確認を受けた建築物が全て危険かというと、そういうわけでもありません。

 

そのような時点においても、例えば当時高級マンションとして販売されていた建築物等、一定のものには新耐震基準を満たすものも存在する等、必ずしも危険だと言えない建築物もあるのです。

 

マンション

 

実際、一定の高級マンションでは築30年を超えるものでも市場で流通しており、一定の資産価値がマーケットにおいて認められています。

 

このように、築年数は耐震に関する安全性の基準に関して、一つの基準にはなりますが、それだけで判断すべきではありません。

 

耐震診断が行われているか否か、及びその耐震診断の結果を確認する等、「現状での耐震性」をきちんと見極めるようにしましょう。