マンションは将来的に住まなくなっても、一軒家よりも賃貸に出しやすいメリットがあります。

マンションに住むメリット・デメリット

 

マンションに住むいい点悪い点

 

購入時の費用だけではなく、住みやすさで一軒家ではなくマンションに住む人もいますし、マンションに住んでからデメリットに気付いて後悔する人もいます。

 

マンションに住むメリット・デメリットをまとめました。

 

 

マンションに住むメリット

  • 安く買える(一軒家と同じ予算で好立地に住める)
  • 家の中に階段がないのでデッドスペースが少ない(メゾネットタイプを除く)
  • 共用部分を使用できる
  • オートロックや管理人、他の住民の目があるのでセキュリティが高い
  • ゴミだしや駐車場までの移動は雨の日でも濡れずに行ける
  • マンション内で子供同士の友達ができる
  • 将来の価値が下がりにくい
  • 建物に関する不具合の修理やメンテナンスは管理組合が行ってくれる

 

マンションにも色々なタイプがあります。

 

ひとつのマンションがちょっとした街のようになっていて、多くの世帯が入っていて子供同士が敷地内の目の届くところで遊べるようなマンションもあれば、共用部分は廊下のみで駐車場の用意もないようなマンションもあります。

 

高く売れやすいので一生住む覚悟はなくてもOK

マンションは全般的に一軒家よりも売るときの価値が下がりにくく駅チカの好立地マンションは購入時の価格よりも高く売れるケースもあります。

 

長期ローンを組んで購入した人でも、売却して住み替えをする人の比率が一軒家よりも高いです。
資産形成という意味ではマンションを保有するメリットは大きいです。

 

維持費、管理費はかかりますが居住用であれば投資物件のような空室時に支払いだけ行われるリスクもありません。

 

建物自体は丈夫で所有者は専有部分(内装)のみ管理すれば大きな家のトラブルは起こりません。
内壁、床、水回りなどのリフォームで新築のように綺麗にできます。

 

将来住まなくなった時に一軒家よりも賃貸に出しやすく、住人の起こした問題によって大きく建物の価値を落とす事態が起こりにくいです。(一軒家は床に水をこぼして掃除しない行為を繰り返すと床下の柱が腐るなど床の張替えリフォームだけでは対処できないこともある)

 

 

マンションに住むデメリット

  • 管理費、修繕積立金がかかる
  • 大きいマンションはマンションの出入り口に出るまで時間がかかる
  • 組合の役員など面倒な役職が回ってくる
  • 近隣の家と壁一枚で繋がっているので騒音トラブルが起こりやすい

 

 

管理費と修繕積立金でマンションの価値は変わる

マンションに住む場合は管理費と修繕積立金が発生します。

 

どちらも必要なものですが、マンションによっては払う費用に見合う効果を期待できないケースがあります

 

たとえば管理費の場合、管理人やエレベーターの有無、その他共用部分の設備や清掃に必要なコストに使うもので総戸数によっても負担額は変わります。

 

管理費が高くても住民が安心して快適に住める管理をしていればいいのですが、一部のマンションではロクな管理をしていないのに高額な管理費を取っているケースがあります。

 

修繕積立金に関しては主に外壁や屋根の塗り替え費用に費やしていますが、高いところでは月に2~3万円とっています。

 

年間30万円、10年で300万円の修繕積立金を払うなら一軒家で自分で外壁塗装した方が安いです。

 

また修繕積立金は築年数が古くなるほど高額になります

 

住むコストだけではなく管理費と修繕積立金の高いマンションは買い手が見つかりにくく売るときの価値が下がりやすいです。

 

一軒家の場合は、最終的に土地の価値が残りますが、マンションの場合は住民全員の同意がないと建て替えができません。

 

古くなって管理体制の不十分の家は価値の落ちる下限が一軒家よりも低くなります。