免震は地震に対して最も安全性が高いと言われていますが、建築費が高額になります。

免震・制震・耐震の違い

 

免震・制震・耐震の違いについて考える家族

 

免震・制震・耐震とは、地震に関するワードですが、それぞれに若干の意味の違いがあります。

 

 

免震

免震とは、地震力を抑制することで構造物の破壊を防止することを意味します。
土台と建物の間にダンパー(緩衝器)となる装置を設置することで地震の揺れを減免します。

 

最も地震に対して安全性が高いのは、免震と言われています。

 

免震は、地震の揺れを建物に伝えないようにします
しかしデメリットもあり、建築費が高額になったり台風などの強風で揺れることがあります。

 

 

耐震

一方、耐震は、地震を受けても破壊されないことを言います。

 

耐震強度のある建物などは、地震が起こっても比較的安全と言われています。
地震の揺れに対し耐えられるよう構造等を補強するものです。

 

耐震のメリットには、台風(強風)などで殆ど揺れないというメリットがあります。

 

デメリットとしては、くり返しの地震で損傷が防止出来ないと倒壊などの可能性も出てしまう点があります。

 

現在では全ての住宅が耐震住宅仕様になっています。

 

 

制震

制震は、建築設計上の概念で地震力を建物内部の機構により減衰させたり、増幅を防いだりすることで、建物の振動を低減させることを指します。

 

地震に対する目的は同じですが、免震や耐震とは区別されるものです。

 

建物全体が殆ど損傷しないのが特徴です。
制震装置が揺れを吸収してくれることが関係しています。

 

メリットには、免震工法などに比べ建築費が1/3~と安いことがあります。

 

転倒防止金具などを使用すれば、免震対策された住宅と同じ程度の被害に抑えることが可能です。

 

 

いかがでしたでしょうか、これらが免震・制震・耐震の違いとなります。
免震も制震も耐震もそれぞれに地震に関するワードですが、指し示す意味の違うものです。
それぞれの違いをしっかりと理解したうえで工事などをお願いする必要があります。