制震装置は建物や人命の安全性を高めるため、地震のエネルギーを吸収します。

制震のメリットデメリット

 

3.11の東日本大震災に続き、昨今の熊本地震と、日本は言うまでもなく地震大国です。
住宅の崩壊や建築物の耐震性にも気を使わなければなりません。

 

地震や台風(強風)対策には、耐震、免震、制震などがありますが、耐震も免震も制震もそれぞれ若干の違いがあります。

 

その中から、制震のメリットやデメリットについて紹介します。

 

制震とは、揺れを軽減することを意味します。

 

制震の特徴としては、免震や耐震に比べて一部の効果がずば抜けて発揮される訳ではなく全ての項目にまんべんなく効果を出します

 

建物の損傷や家具の倒壊、変形やねじれなどにも有効です。

 

制震は、揺れを抑えるために制震ダンパーを建物の骨組みの中に仕込みます

 

免震が地面の横揺れを直接建物に伝えないようにすることに対して、制震は装置を使って建物の揺れそのものを打ち消します。

 

超高層ビルなどは、地震以外の台風などの強風対策も必要なため制震が効果を発揮します。

 

 

メリット

制震は比較的安価なことが嬉しい主婦

制震のメリットは、免震に比べ簡単な工事で済むこと費用が少なくて済むことです。

 

また、2階より上部の揺れが軽減されるなどのメリットもあります。通常の地震くらいでは大きな損傷がなく、強風などでも殆ど揺れません。

 

制震装置は、建物や人命の安全性を高めるため、地震のエネルギーを吸収します。

 

 

デメリット

デメリットは、免震に比べると揺れが大きくなることがあるという点があります。

 

 

これらのように、制震にもメリット、デメリットがあります。
特徴は比較的低価格で簡単に工事が出来るという点にあります。

 

免震も制震も制震も、一長一短で優劣がつけられないそうで、またそれぞれに違いがあり、どの方法が良いというのはケースバイケースになるようです。

 

それぞれの予算や建物の種類に応じて地震や強風対策として導入を検討されてみて下さい。