耐震は制震装置や免震装置を取り付ける必要がないため、工事費が安価です。

耐震のメリットデメリット

 

日本では地震はもちろん台風などの家屋崩壊が起こります。
そういった災害対策としても家を建てる前に、耐震について気を配っておく必要があります。

 

耐震構造とは、地震の揺れから耐える構造のことを言います。
耐震住宅とは、建築基準法で定められた耐震性能をクリアしている住宅を言います。

 

耐震にはメリットもありますが、デメリットもあります。

 

 

メリット

耐震には、強風や台風などで殆ど揺れないというメリットがあります。

 

工事費なども安いので、免震などに比べ分譲価格も安くなります
制震装置や免震装置を取り付ける必要がないため、安価であることがメリットと言えます。

 

 

デメリット

デメリットには、地面からの揺れを建物全体にダイレクトに伝えてしまうという点が挙げられます。

 

地震の度に建物の損傷が進んだり免震に比べて家具などが転倒しやすいという点もあります。

 

くり返しの地震により、倒壊などの可能性も出てしまいます。
怪我や死亡のリスクも免震などに比べると高くなってしまいます。

 

2本指を出す男性

建物の地震に対する耐え方には大きく分けて2種類あり、剛構造柔構造があります。

 

  • 剛構造は建物を強くすることで地震に耐える構造のこと
  • 柔構造は柔らかくしなやかな構造体

にします。

 

大震災などの災害では、意外にも火災などによる死因よりも建物による圧死や窒息死の方が多くなっています

 

 

現在では、全ての住宅が耐震住宅仕様と言われていますが、家を建てる前にはしっかりと耐震について確認しておくようにしましょう。

 

また、住宅の構造は大きく分けて耐震と免震、制震があります。

 

どの方法が良いとかおすすめとかは無く、一長一短ですが、これらの違いなどについても把握するよう努めてみて下さい。

 

耐震性の向上や耐震装置への予算の振り分けなどは日頃から意識しておく必要があります。
大震災などの大きな災害に備えておくことは重要なことです。