隣人トラブルや騒音トラブルに巻き込まれないように、事前調査しておくことが必要です。

家を建てる前に確認しておきたいこと

 

建築前に確認したい項目

 

家を建てる前に確認しておきたいことが幾つかあります。

 

  • 立地が悪くないか
  • 耐震強度はしっかりしているか
  • 周辺環境は悪くないか

などがあります。

 

土砂崩れなどによって家が崩壊してしまったり、逆に落ちてきた土砂の被害に合わない環境にあるかなどをチェックする必要があります。

 

また、海が近い立地の場合は津波などの警戒も必要になります。

 

耐震強度など地震対策がしっかりとされているかも重要なポイントです。

 

建てようとしている家の周辺環境も重要なチェックポイントです。

 

家を建てて住み始めたはいいが、「夜うるさくて眠れない、家での仕事がはかどらない。」など、ストレスを抱えてしまわないよう家を建て住み始める前にしっかりと事前調査しておく必要があります

 

周辺環境でのチェック項目は、

  • 隣人や周辺に変な人がいないか
  • 合わない草木(ブタクサや稲、スギなど)が多く繁っていないか
  • 保育園や小学校がないか
  • 夜のお店やコンビニが近過ぎないか

などがあります。

 

また、隣人トラブルなどが昨今増えています。

 

夜の騒音などに限らず、

  • 朝早く(深夜4時や5時など)に掃除を始めるおばさんがいないか
  • 周辺の猫に餌を与えている人がいないか

などもチェックしておいた方がいいでしょう。

 

意外と大切なのが、草木など木々のチェックです。

 

これは花粉症や喘息などのアレルギーに影響してくるので、見落としがちですが重要な確認事項です。

 

自分だけでなく子供のアレルギーも調べる必要があります。
春や秋の草木が芽吹く時期に毎年体調を崩すなどということのないよう注意しましょう。

 

人によっては夜に仕事をする人、夜勤帰りで朝方寝なければいけない人も増えています。
保育園や小学校が近くにあるかどうかなども欠かせないチェックポイントです。

 

コンビニが近くにあると若者がたむろして夜眠れないなどの事態も起こりえます。
コンビニの近さなどもチェックする必要があります。

 

家は一度建ててしまうと、そう簡単に引っ越すことが出来なくなります。
家を建てる前にしっかりと確認しておきましょう。